THE 森

ミラノの中心にあるマンゾーニ・ブティックにおける最新のコラボレーションにヴァレクストラは、
視覚表現を自由に操り、並外れた才能で知られる建築家・隈研吾氏を起用しました。

「森」というテーマで展開されるインスタレーションは顧客や来店客を魅了し、
都市にある幻想的な森林へといざないます。
隈氏はおとぎ話の場所をイメージした空間を「偶然の出会いのゲーム」と説明します。

ブティック中には136枚の木のプレートの上にヴァレクストラのレザーグッズが置かれ、
建築された空間が、来店客に対話や空間的な体験、
視覚的な体験という自由な旅を織りなします。
木はブティックのフロア全体にカジュアルに配置されており
身近ながらも予期せぬ環境の中の森の点在の様子を表現しています。

上質な生活にとって大切な自然光を都市の真ん中で作り出さなければいけないこと、
このコンセプトは彼の個人的なクリエイティブなビジョンとなっています。
オリジナルの視覚的な特徴や、ハンドクラフトの触感や暖かさを強調した環境を
尊重したもので、このプロジェクトにおいて彼は現代建築の要素を盛り込んでいます。

建築家 隈研吾氏のインタビュー

PLAY

×

THE 森

ミラノの中心にあるマンゾーニ・ブティックにおける最新のコラボレーションにヴァレクストラは、視覚表現を自由に操り、並外れた才能で知られる建築家・隈研吾氏を起用しました。

「森」というテーマで展開されるインスタレーションは顧客や来店客を魅了し、都市にある幻想的な森林へといざないます。
隈氏はおとぎ話の場所をイメージした空間を「偶然の出会いのゲーム」と説明します。

ブティック中には136枚の木のプレートの上にヴァレクストラのレザーグッズが置かれ、建築された空間が、来店客に対話や空間的な体験、視覚的な体験という自由な旅を織りなします。
木はブティックのフロア全体にカジュアルに配置されており、身近ながらも予期せぬ環境の中の森の点在の様子を表現しています。

上質な生活にとって大切な自然光を都市の真ん中で作り出さなければいけないこと、このコンセプトは彼の個人的なクリエイティブなビジョンとなっています。
オリジナルの視覚的な特徴や、ハンドクラフトの触感や暖かさを強調した環境を尊重したもので、このプロジェクトにおいて彼は現代建築の要素を盛り込んでいます。

×

建築家 隈研吾氏のインタビュー

PLAY