BRERA MEETS BRERA
ブレラと一緒に、ブレラの街へ。

MARTINO GAMPERとともに


ブレラと一緒に、ブレラの街へ。
ブレラ地区の7つのスポットを、長年ヴァレクストラの作品とコラボレーションを続けている著名なイタリア人デザイナーマルティノ・ガンパーが選ぶ家具とともに、新作バッグの「ブレラ」をDelfino Sisto Legnaniが撮影したポートフォリオでご紹介します。

ブレラ美術館

ブレラ美術館はブレラ地区に来たなら外せないスポットのひとつです。
ラファエロ、カラヴァッジョ、マンテーニャなどを収蔵するブレラ美術館は、14世紀頃から今日に至るまでののイタリア美術を網羅しているミラノで最も有名な美術館です。収蔵している絵画だけでなくハイセンスでモダンなギャラリーの装飾、そしてアーチ型のポーチなど建築的にも非常に価値が高い場所です。街の喧騒を忘れて、館全体の散策をお楽しみください。

BRERA COLLECTION

トラットリア トーレ ディ ピサ

カラフルなカーテンが目を引く伝統的なトスカーナ料理のレストラン「トラットリア トーレ ディ ピサ」。
60年前にオープンした時からずっと変わらないたたずまいで、地元のファッショニスタたちに人気の名店です。
季節ごとに最高の食材を使用。創業以来の哲学を守り続ける、その味はもちろん本物です。

BRERA COLLECTION

旧聖カルポーフォロ教会

聖俗あわせもつ完璧なバランスはミラネーゼのお家芸。
かつてはカトリック教会だったこの建物ですが、ミラノ市が取得した後、ブレラ国立美術学院によりアートセンターと応用美術の学校に変わりました。
2つの小さな通りの交差点に位置するこの建物のファサードは未完成で、きっと複雑な由来が影を落としているのでしょうが、これもまた味。
ブレラの街によくマッチした面持ちです。

BRERA COLLECTION

ブレラ植物園

ブレラ植物園はまさに都会のオアシスと呼ぶに相応しい、ブレラ地区の中心部にある5000平方メートルを超える植物園です。
まるでミラノの緑のほとんどを占めるこの植物園は、18世紀に研究施設として生まれ、今日まで希少な天然標本のコレクションを維持してきました。
丁寧に手入れの行き届いた公園にはツタと藤が絡んだ建物がいくつもあり、緑に覆われた異世界的な空間になっています。

BRERA COLLECTION

ラ・ラッテリア

地元の人たちは、サンマルコ通りのこの店が席数も少なく予約も受け付けていないので、開店直後に行くしかないことをよく知っています。
このお店は本当に地元向けです。客層も近くに拠点を置く新聞社Corriere Della Seraのジャーナリストなど、まるでその地域で働く人々の食堂のような雰囲気です。こじんまりとしたテーブル、バラだけを描いた絵画など、店内はシンプルな装いです。
メニューはミラネーゼたちが普段から家庭料理で食べるようなパスタ、肉料理、魚料理、野菜料理の小品がほとんどですが、一皿一皿がとても丁寧に仕上げられており、絶品です。

BRERA COLLECTION

サン・マルコ教会

このバロック様式の教会の由来はやや漠然としているものの13世紀の初期には記録に登場する、由緒ある立派な協会です。
少し散策するだけで彫刻が施された装飾、モザイク、彫像で彩られたレンガで覆われたファサードを見ることができ、その確かな歴史を感じることができます。
18世紀にはモーツァルトが訪問したことを証明する文書も残っています。
そしてジュゼッペ・ヴェルディのレクイエムの最初の公演が、この場所を伝説にしました。

BRERA COLLECTION

バー・ジャマイカ

ポップカルチャーの歴史の中で、バー・ジャマイカのような場所は他にありません。
アルフレッド・ヒッチコックの映画「ジャマイカ・イン」に触発されて、音楽家、ジュリオ・コンファロニエリが始めたこのバーは、すぐにブレラのアート、カルチャー、政治の中心地となりました。
今日でもバーカウンター、テラゾの床、タイル貼りの壁など開店当時からの内装がそのまま残されており、店内に足を進めるだけで20世紀中盤にタイムスリップしたような、ミッドセンチュリーの素敵な空間を楽しむことができます。

BRERA COLLECTION

BRERA MEETS BRERA
ブレラと一緒に、ブレラの街へ。

+

MARTINO GAMPERとともに

ブレラと一緒に、ブレラの街へ。
ブレラ地区の7つのスポットを、長年ヴァレクストラの作品とコラボレーションを続けている著名なイタリア人デザイナーマルティノ・ガンパーが選ぶ家具とともに、新作バッグの「ブレラ」をDelfino Sisto Legnaniが撮影したポートフォリオでご紹介します。<

+

ブレラ美術館BRERA COLLECTION

ブレラ美術館はブレラ地区に来たなら外せないスポットのひとつです。
ラファエロ、カラヴァッジョ、マンテーニャなどを収蔵するブレラ美術館は、14世紀頃から今日に至るまでののイタリア美術を網羅しているミラノで最も有名な美術館です。収蔵している絵画だけでなくハイセンスでモダンなギャラリーの装飾、そしてアーチ型のポーチなど建築的にも非常に価値が高い場所です。街の喧騒を忘れて、館全体の散策をお楽しみください。

+

トラットリア トーレ ディ ピサBRERA COLLECTION

カラフルなカーテンが目を引く伝統的なトスカーナ料理のレストラン「トラットリア トーレ ディ ピサ」。
60年前にオープンした時からずっと変わらないたたずまいで、地元のファッショニスタたちに人気の名店です。
季節ごとに最高の食材を使用。創業以来の哲学を守り続ける、その味はもちろん本物です。

+

旧聖カルポーフォロ教会BRERA COLLECTION

聖俗あわせもつ完璧なバランスはミラネーゼのお家芸。
かつてはカトリック教会だったこの建物ですが、ミラノ市が取得した後、ブレラ国立美術学院によりアートセンターと応用美術の学校に変わりました。
2つの小さな通りの交差点に位置するこの建物のファサードは未完成で、きっと複雑な由来が影を落としているのでしょうが、これもまた味。
ブレラの街によくマッチした面持ちです。

+

ブレラ植物園BRERA COLLECTION

I"ブレラ植物園はまさに都会のオアシスと呼ぶに相応しい、ブレラ地区の中心部にある5000平方メートルを超える植物園です。
まるでミラノの緑のほとんどを占めるこの植物園は、18世紀に研究施設として生まれ、今日まで希少な天然標本のコレクションを維持してきました。
丁寧に手入れの行き届いた公園にはツタと藤が絡んだ建物がいくつもあり、緑に覆われた異世界的な空間になっています。

+

ラ・ラッテリアBRERA COLLECTION

"地元の人たちは、サンマルコ通りのこの店が席数も少なく予約も受け付けていないので、開店直後に行くしかないことをよく知っています。
このお店は本当に地元向けです。客層も近くに拠点を置く新聞社Corriere Della Seraのジャーナリストなど、まるでその地域で働く人々の食堂のような雰囲気です。こじんまりとしたテーブル、バラだけを描いた絵画など、店内はシンプルな装いです。
メニューはミラネーゼたちが普段から家庭料理で食べるようなパスタ、肉料理、魚料理、野菜料理の小品がほとんどですが、一皿一皿がとても丁寧に仕上げられており、絶品です。

+

サン・マルコ教会BRERA COLLECTION

"このバロック様式の教会の由来はやや漠然としているものの13世紀の初期には記録に登場する、由緒ある立派な協会です。
少し散策するだけで彫刻が施された装飾、モザイク、彫像で彩られたレンガで覆われたファサードを見ることができ、その確かな歴史を感じることができます。
18世紀にはモーツァルトが訪問したことを証明する文書も残っています。
そしてジュゼッペ・ヴェルディのレクイエムの最初の公演が、この場所を伝説にしました。

+

バー・ジャマイカBRERA COLLECTION

ポップカルチャーの歴史の中で、バー・ジャマイカのような場所は他にありません。
アルフレッド・ヒッチコックの映画「ジャマイカ・イン」に触発されて、音楽家、ジュリオ・コンファロニエリが始めたこのバーは、すぐにブレラのアート、カルチャー、政治の中心地となりました。
今日でもバーカウンター、テラゾの床、タイル貼りの壁など開店当時からの内装がそのまま残されており、店内に足を進めるだけで20世紀中盤にタイムスリップしたような、ミッドセンチュリーの素敵な空間を楽しむことができます。